カテゴリー別アーカイブ: 活動報告

第2回危機管理セミナー開催決定

「緊急記者会見」シミュレーショントレーニング実施概要
 1.概 要
緊急事態発生という危機を想定し、ステートメント作成、想定Q&Aの準備から記者会見の実施までを1日かけて体験します。

その体験から得られた知見を参加者の各会社で、今後の危機管理に活用して頂きます。
2.目 
(1)緊急時記者会見の対応能力の向上、強化

?  クライシス(緊急事態)が起こった際に迅速かつ適切に『緊急記者会見』を開くことができるかを、実際に模擬体験することにより検証し、危機対応準備の精度や問題点を確認していただきます。
?  想定外の状況の変化にも的確な判断をし、即時に対応できるかを演習します。
?  社会部の記者はどのような視点で取材をするのかを体験し、マスコミと企業の関心事のギャップを認識、どのような情報が必要なのかを理解し、今後の緊急時対応(広報)に反映していただきます。

(2)危機管理の必須基本知識の習得?   模擬『緊急記者会見』の演習の成果を、各社の危機管理能力の向上と体制の整備に役立てていただきます。模擬『緊急記者会見』の演習の成果を、各社の危機管理能力の向上と体制の整備に役立てていただきます。

3.期 
              2008 9 19日(金) 9:3016:00

4.会  場 

 名古屋市中小企業振興会館【吹上ホール】4会議室
 〒464-0856  名古屋市千種区吹上二丁目6番3号      
 TEL : 0527352111


5.定員  20名(10名を1グループとして2グループ)
6.想定ケース  2ケースを予定          

7.当日スケジュール

1.事前準備/受付開始 9:009:30
         

 

 

 

 

2.事前レクチャー
 9:3010:00
30 
3.オリエンテーションと想定シナリオの提示
10:0010:15
15 
4.記者会見準備作業
(ステートメント作成、想定Q&Aの作成)
10:1512:00
105 分
5.昼食/会見者役・記者役、直前打ち合わせ
12:0013:30
90
6.模擬緊急記者会見
13:3014:20
1回約20 分(2回)
    − 休憩 −
14:2014:30
10  分  
7.講評/質疑応答/事後レクチャー
14:3016:00
90 

≪お申し込み方法≫

 ・貴社名 ・TEL&FAX ・貴社住所 

 ・受講者氏名 ・所属部署 ・役職名 ・Eメールアドレス 

 上記を明記の上、Eメール(info@miraikobo.com) または

 電話(0120−3815−39) 

 FAX 052−721−0549 までお申込みください。

≪お問合せ・お申込み先≫

有限会社 未来工房 代表取締役 太田 賢一郎

Eメール info@miraikobo.com

TEL 0120-3815-39 FAX 052-721-0549

お申込みいただいた方には、当社より受講料・開催日・開催会場等ご確認のご連絡をお入れいたします。

     

    

 

10月4日危機管理セミナー盛況に終わる

セミナー以来、赤福事件から始まり、食品業界では最近の吉兆。
また、耐火性能偽装のニチアス・東洋ゴムなど一般産業界にも偽装不祥事による謝罪記者会見がマスコミ上多く見られます。
その反響を受け、当社にもセミナーや提供サービスの問合せが来るようになり、忙しい1ヶ月となりました。
その中セミナーに関しては、アンケートで様々な貴重なご意見を頂きました。

  • 内容にもっと実践的なメディアトレーニングを取り入れてほしい
  • 内部告発制度について、もっと重点的に時間をとってほしい
  • 未来工房として、何ができるのかをもっと教えてほしかった

など、今後第2回セミナー開催に役立つご意見をありがとうございました。

確かに、最近の偽装事件はすべてといって内部告発から出ています。
いかに、経営者が各部署管理者を把握し、社内的にオープンな環境を整えるか。
理想ですがまず高度成長時期の社内体制を今一度見直す時期に来ていると思います。
・・・会社ぐるみの犯罪は直しようが無いのですが・・・

受付 主催者挨拶 (有)未来工房 代表 太田 講師 井澤 幹夫氏 OHPでの新聞報道分析 ビデオでの記者会見分析 緊急マスコミ対応のレクチャー

お問合せの不具合のご報告

当ホームページ・お問合せページからのメール送信ですが、こちらの不手際により当社のページメンテナンス会社の方に送られる設定になっていて、当社には反映されておりませんでした。

誠に申し訳ございませんでした。

現在は、通常にお送りいただけます。よろしくお願いいたします。

第1回、経営者、総務・広報担当者のための危機管理セミナー開催

企業経営において、イザという危機にどう対応しますか? そのために平時の備えはどうされていますか?

現代において、企業経営は常に危機と隣りあわせとなっています。欠陥商品や異物混入による回収、役員・従業員の不祥事、火災や・工場の爆発・環境汚染による地域住民とのトラブル、最近では個人情報の漏洩など、企業内で発生すると瞬時の対応に迫られ、マスコミを含めた対応いかんでは企業の存続にも多大な影響を与えます。

そこで、愛知発での経営者から総務、広報、危機管理・CSR・コンプライアンスご担当者のための危機管理セミナーを開催いたします。

≪内容≫

【第1部】 13:00〜14:20 「危機管理」−基礎知識と危機防止のために−

  1. 最近のリスクの傾向と原因
  2. 「危機管理」をどう認識するか
  3. 危機管理意識を高める方策
  4. 危機防止のためのチェックポイント
  5. 危機発生時の初期対応の心得

【第2部】 14:30〜15:50 「クライシス・コミュニケーション」−マスコミ対応の基礎知識と心得−

  1. 危機管理におけるクライシス・コミュニケーションの重要性
  2. クライシス・コミュニケーションの最大の対象はマスコミ
  3. リスク発生時のマスコミ記者の特性と情報特性
  4. 事件・事故・不祥事に対するマスコミの10の取材視点
  5. 緊急記者会見に関するノウハウ(会場設営、Q&Aの作成、会見の際の留意事項など)

【第3部】 15:50〜16:00 「危機管理体制の必要性」レクチャー 船越 亘(AIU保険会社企業賠償スペシャリスト)

質疑応答 16:00〜17:00 「全体質問と個別案件相談(1件15分程度)

≪開催日≫

平成19年(2007年)10月4日(木) 13:00〜17:00

≪会場≫

愛知県産業貿易館本館B1 第15会議場 〒460-0002 名古屋市中区丸の内3-1-6

電話番号 052−231−6351

≪講師≫

井澤リスクマネジメント事務所 所長 井澤 幹夫

≪講師略歴≫

昭和39年、法政大学工学部電気工学科卒業。同年、電通PRセンター(現・電通パブリックリレーションズ)に入社し、73年名古屋支社設立に従事する。4年後本社に戻り、マスコミとのコミュニケーション業務のスペシャリストとして経験を重ねる。その後、幅広い経験をベースにクライシス発生時の意思決定に関わるコンサルティングをはじめとして、緊急記者会見シナリオ作成、対策本部の運営支援など数多く実践する。  また、企業、行政機関を対象にした平時における危機管理体制構築、危機管理セミナー、シミュレーショントレーニング、トップコミュニケーショントレーニングを企画立案・実施。 

 平成16年独立し、井澤リスクマネジメント事務所を設立。平成17年4月より、東京商工会議所危機対応サポートサービスの危機管理アドバイザーとして、企業や地方自治体から絶大なる信頼を得ている。当社のチームリーダーでもある。 ≪対象・定員≫:経営者、総務、広報、危機管理、CSR、コンプライアンス各担当者   

        定員:60名

≪受講料≫

 8,000円 

 (但し、第1回開催を記念し、インターネットよりお申込み先着20名様は5,000円。いずれも、1名分。税込、資料代含む)

≪お申し込み方法≫

 ・貴社名 ・TEL&FAX ・貴社住所 

 ・受講者氏名 ・所属部署 ・役職名 ・Eメールアドレス 

 上記を明記の上、Eメール(info@miraikonbo.com) または

 電話(0120−3815−39) 

 FAX 052−721−0549 までお申込みください。

≪お問合せ・お申込み先≫

有限会社 未来工房 代表取締役 太田 賢一郎

Eメール info@miraikobo.com

TEL 0120-3815-39 FAX 052-721-0549

お申込みいただいた方には、当社より受講料・開催日・開催会場等ご確認のご連絡をお入れいたします。

          

トータルリスクマネジメント始動

経営者・管理者の方々へ

こんな不安や悩みを抱えていませんか?

  • 危機管理の社内研修を実施したい!
  • 危機管理体制を確立したい!
  • リスクの洗い出しをしたい!
  • 危機管理発生時の判断のポイント・初期対応について教えてほしい!
  • 全社的に危機管理意識を高めたい!
  • コンプライアンス意識を高めたい!
  • 10年前のマニュアルはあるが、役立つのか心配だ!
  • いろいろな不祥事が続発しているが、当社は大丈夫か?
  • 風通しの悪さが心配だ!
  • 内部告発制度を考えたいが、どうしたらいいか?
  • 各種の認定を取得しているが、心配だ!

など、ひとつでもチェックが入れば、未来工房までお気軽にお問い合わせを info@miraikobo.com まで!!