ニコン過労自殺、賠償判決が確定 最高裁

光学機器大手「ニコン」の工場に派遣され自殺した上段(うえんだん)勇士さん=当時(23)=の遺族が、ニコンと派遣元の業務請負会社「アテスト」(名古屋市)に約1億4千万円の損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第2小法廷(千葉勝美裁判長)は両社の上告を棄却する決定をした。過重労働と自殺との因果関係を認め、両社に計約7千万円の賠償を命じた二審東京高裁判決が確定した。決定は9月30日付。 二審判決によると、上段さんは1997年10月にアテストの前身の会社に入社。夜勤時の時間外労働などの過労から、うつ病にかかり、99年3月、当時住んでいた埼玉県熊谷市の社員寮で自殺した。

(10/2 中日新聞)