中堅・中小企業の方々へ

For Small and Medium-sized Enterprises

地域、業種、業態、規模の大小に関わらず、すべての中堅・中小企業にとって「危機管理」は重要な課題です。

その背景として

  1. リスク経験のノウハウが少ない事 ⇒ 初期対応でミスをする恐れが大きい
  2. マスコミ対応の基礎知識が少ない事 ⇒ 誤ったマスコミ対応によって不正確な報道内容が発生する恐れが大きい
  3. 危機管理に精通したスタッフが少ない事 ⇒ 対応や行動が円滑に進まず、冷静さを欠いた対応に終始する恐れがある
  4. 社長の指示がないと組織が動かない ⇒ 臨機応変の対応が出来ない後手後手の対応になる恐れがある

現状として

  1. 危機管理に関しての整備がされていない事に漠然と危機感は抱いているが、具体的に考え、組織し、マニュアルを作成するなど、リスクに備えている企業は少ない
  2. 中堅・中小企業にリスクが発生すると、一気に企業存亡に関わるダメージを招く恐れを有している

問題点として

  1. 何と言っても費用の捻出が最大の課題
  2. 人材の育成に余裕が持てない
  3. リスクに関しての意識が低く、まずは利益を上げることが重要と考える
  4. その場しのぎでも何とかなるというまだリスク管理に対しての若干甘い認識
  5. 今まで問題がなかったから、これからも大丈夫

解決案として

  1. まずは、外部サポートとして未来工房「危機管理戦略チーム」を利用してみてください。