ビジネスの背景

Context
ビジネスの背景

近年、企業の危機管理が問われる事件・事故や不祥事が相次いで発生しています。危機管理体制が確立していると思われる大企業でも初期対応の失敗や不適切なマスコミ対応により企業イメージが大きなダメージを被っています。中堅・中小企業でも例外ではありません。日々更新されるリコール、情報漏洩情報。最近では、経営者・従業員による飲酒運転事故。インターネットを含めた情報社会の中で、企業管理の動向が大衆の目にさらされ、危機の発生が直ちにイメージダウンに伴う企業存亡に大きな影響を与えます。

さまざまな危機管理事例を見るに、突然不測の事態が発生し、マスコミが会社や工場に押し寄せるとマニュアル通りに行かない事が多くみられます。「迅速に事態の情報を収集し、社内体制を確立し初期対応をする。」このマニュアルが機能しないのは、ことさら不測の事態に役員・従業員が冷静でいられない事を表しております。

このような事態を防ぐために、外部専門チームによる平時における予防トレーニングサービス。そして、危機発生時の冷静の視線による初期対応アドバイスとマスコミ対応を含めたクライシスコミュニケーションを提供していきます。