餃子の王将を社員提訴…「長時間労働でうつ病」

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130205-OYT1T00643.htm?from=main5

長時間労働でうつ病になったとして、「餃子の王将」を展開する王将フードサービス(京都市)の男性社員(27)(京都府)が同社を相手取り、休業中の給与や慰謝料など約2300万円の損害賠償を求める訴えを5日、京都地裁に起こした。


 訴状によると、男性は同府八幡市の店舗で2009年から勤務。平日は11時間、休日などは12時間働き、時間外労働が月平均で約135時間あった。11年4月に抑うつ状態と診断された。

 同店では10時間を超える勤務時間の記録がコンピューターに入力できない仕組みといい、時間外労働は、男性の手書きメモで算出したという。

 男性は京都南労働基準監督署から12年2月、半年間にわたる月平均約108時間の時間外労働と精神的ストレスで、うつ病になったとして労災認定された。

 代理人の佐藤克昭弁護士は「会社側は恒常的な長時間労働を当然視している。男性が健康を害すると認識していたはずで安全配慮の義務に違反する」と話した。

 同社は「訴状が届いていないのでコメントできない」としている。

2013年2月5日12時08分  読売新聞)

 

餃子の王将を社員提訴…「長時間労働でうつ病」」への3件のフィードバック

コメントは停止中です。